小児矯正治療の流れ

矯正治療はいつから始めるべき?

当院の患者さまには、永久歯がまだ全く萌えてなくて、まだどのような歯並びになるか分からない子たちもたくさんいます。

逆に、すでに歯に凸凹があったり、受け口であったりする場合もあります。

現代人は進化の過程で脳頭蓋が大きくなって、そのため顎の骨が小さくなっているので、歯の並ぶスペースが足りない人がほとんどです。

そうすると、歯並びが凸凹になり、不正咬合になります。つまり、ほとんどの方が不正咬合になり、矯正治療をしたほうが好ましい状態になります。

それでは一体矯正治療はいつから始めるべきなのでしょうか?

上記は良く言われることですが、これらは間違った情報です。

矯正治療は、何歳になってもできます。そして、年齢が若い方が簡単に治ります。

しかし、あまり早すぎても、よくありません。矯正治療には最適な時期があります。そして、その最適な時期は、歯並びの形態や、患者さまの成長具合に左右されることになります。

そのため、患者さまが個人的に判断するのは非常に難しいと考えられます。もっと言うならば、矯正歯科専門の歯科医師でも、その時期を正確に予測するのは難しいのです。なぜならば、お子様の成長時期は、成長を観察しなければわからないからです。

つまり、矯正専門医がお子様の成長と、それに伴う歯並びの変化を観察し、そのうえで適切な矯正時期がはじき出されるという具合になります。

当院では、歯並びのチェックと同時に、定期的なメンテナンスに通っていただくように、推奨しています。

およそ3カ月に一回くらいで、歯並びの変化や、乳歯の萌え変わり、身長の変化などを観察することにより、適切な矯正治療の時期をお知らせさせていただきます。

この、矯正治療を始めるタイミングは、前述のとおり個人差が激しいのですが、一番早い子で小学校2年生くらいから、また平均的には小学4~5年生くらいからです。

歯並びが気になる場合には、無料相談も実施しておりますので、お気軽にご相談下さい。

無料メール相談

無料託児サービス

ご案内

医院案内

医院案内

取材履歴

pagetop