子供の頃にはじめる矯正治療のメリットは?

小児矯正治療には様々なメリットがあります

矯正治療は、子供のころにするのと、大人になってからするのでは、全く違う治療方針になることがほとんどです。なぜなら、子供の矯正治療にはあごの成長が見込めるからです。

また、他にも様々なメリットがあります。このページでは、小児矯正治療のメリットをお伝えいたします!

顎の成長に併せて歯並びを改善することができる

人の顔の中で、頭周りの大きさは、ほぼ子供のころに成長が終わってしまいます。しかし、子供と大人で顔の大きさを比べると、明らかに大人のほうが大きいですよね。

また、子供のころの顔は、みんな一様によく似た形をしています。しかし、大人になるにつれて、多種多様な形となり、個々が特徴的な頭の形態になっていきます。この頭や顎が成長する期間に治療をすると、非常に治療がしやすいのです。

歯で1mm動かすのは大変ですが、顎が1mm成長するのは簡単なのです。小児の矯正治療は、顎をある程度コントロールできます。このコントロールが出来るか出来ないかは大違いで、治療期間や、歯を抜くかどうか、治療が大変かどうかなど、さまざまなことに影響してきます。

歯を抜かなくて済む

大人の場合だったら広がらないような骨の部分が、子供の場合には広がってくれることがあります。

歯並びの凸凹は、歯が並ぶだけの隙間が確保できないために生じるものです。そのため、歯をきれいに並べるためには、隙間を作る必要があります。

そして、歯の隙間を作るには、2つの方法があります。①歯を抜く、②顎を広げる、ということです。小児矯正の場合、顎を間違いなく広げることができるのです。

つまり、小児矯正の場合、ほとんど歯を抜かずに済みます。

痛みが少ない

矯正治療は痛いというイメージがあるかと思います。成人で矯正治療を行うと、最初だけですが、痛みを伴うことがあります。しかし、小児矯正の場合、大人の人と比べて格段に痛みは小さくなります。

無料メール相談

無料託児サービス

ご案内

医院案内

医院案内

取材履歴

pagetop