専門医によるお子様の虫歯治療

抜歯も痛くない!

苦痛を与えない、健康な永久歯のための虫歯治療

当院ではできるだけお子様に苦痛を与えない治療をしています

お子様の虫歯の治療の際ポイントなるのが、乳歯であるということです。いずれ生え変わる歯です。乳歯は、だいたい小学生高学年のときに全てなくなってしまいます。

つまり、その時まで歯が保てるような治療をすることが大切なのです。

当院では、お子様に苦痛を与えないことと共に、いかに健康な永久歯を生えるようにするかということをモットーにして、虫歯治療を行っています。

従来の虫歯の治療では完全な治療は不可能!?

一般的な虫歯の治療は、虫歯の部分を全て削り、白いプラスチックの詰め物で密封します。

ただ、乳歯は永久歯と比べて、歯が弱く神経への距離も短いので、もし乳歯の虫歯を完全に削ろうとすると、削る面積が広くなり、神経にまで到達する場合が多く、永久歯のよりも痛い可能性が高いのです。

そして、痛みで暴れることが多くなり、虫歯の削り残しの可能性が高くなります。そして、その部分から虫歯が大きくなってしまうのです。つまり、全く削っていない状態とほとんど同じ状態なのです。

また虫歯の削り残しがあると、詰め物と歯の間に隙間ができ、そこから虫歯が広がり再発してしまいます。また、しっかりと詰め物をするためには、乾燥をさせなくてはいけませんが、お子様の場合、唾液が多いので乾燥するのが本当に大変です。

このような理由で、実はお子様の治療の場合、完全な治療は不可能に近いのです。完全に治療を行うためには、治療中おとなしくしてもらうか、完全に拘束状態にするしかありません。
しかし、多くの場合、後者の選択肢になりますが、これは歯科に対するトラウマを作る原因になってしまいます。

当院の画期的な虫歯治療

当院では、お子様に歯科に対するトラウマを作らないように、お子様が楽しく歯科医院に通ってもらえるように画期的な治療方法を提案しています。

ポイントは、『歯を削らず完全密封し、虫歯菌への栄養を遮断し活動を抑える。』ということです。

当院の治療手順

【1日目】虫歯のある歯の型取りをして、銀歯を作成します。

【2日目】
①虫歯進行止めの薬を虫歯部分に塗ります。
②歯を削らずにそのまま銀歯を装着します
※装着の際、痛くない範囲 で少し歯を削ることがあります。

この治療方法であれば、ほとんど痛みはありません。また、他のどの治療方法よりも再治療の可能性が低いのです。なぜならば、虫歯の部分を完全に密封してしまうからです。

乳歯の大切な役割とは?

乳歯には食べ物を噛む機能以外に、もう1つ大切な働きがあります。

それは、永久歯が萌え換わるまでの場所取りです。基本的に歯はかみ合わせのバランスをとるために、歯自身が動く特徴があります。

歯に隙間があると、隙間を埋めるために他の歯が前のほうに移動してしまいます。虫歯で隙間がある場合、その隙間を埋めるために歯が前に寄ってきて、永久歯の生えるスペースを奪ってしまいます

そのために、乳歯にはその下にある永久歯が萌えてくるだけのスペースを確保しておく必要があります。そのスペースを確保するために銀歯をするのです。
ただし、この治療には欠点があります。それは、銀歯であるということです。保護者の方が、その見た目に抵抗されるケースがあります。

自分の大切な子供が、いかにも治療されたような状態になることにより、心苦しい気持ちになるのは私も人の親の立場ですので、よく理解できます。

なぜ当院ではこの治療方法を推薦するか?

お子様で銀歯に抵抗を示す子はほとんどいません。いろんな人に話を聞いてみても、小さいときの歯を削られた経験がトラウマになっている大人はたくさんいますが、銀歯を入れられたことがトラウマになっている人は見たことがありません。

白いもので虫歯を詰めるのがいかに大変かは、かなり説明してきたと思います。そして、そのようなつらい治療にもかかわらず、2次カリエスの可能性も大変高くなります。そうすると、また治療しなくてはいけません。これでは、お子様が歯科医院嫌いになってもしかたがありません。

乳歯は萌え換わる歯です。その時まで保たれればいいし、その後銀歯はなくなり白い歯が萌えてきます。大切なのは、その白い永久歯が虫歯にならないことです。虫歯を予防することを考えた場合、歯科医院での定期的なケアは不可欠です。そのためには、歯科医院に通ってもらう必要があります。歯科医院は楽しい場所で、行くのが嫌な場所であってはならないのです。そのような理由から、できるだけお子様にとって負担になるような治療を回避しているのです。

無料メール相談

無料託児サービス

ご案内

医院案内

医院案内

取材履歴

pagetop